動物看護師 座談会

仕事やキャリアは1つではない・・・
イオンペットには、無限の可能性が拡がっている

全国にクリニックや医療センターなど約50施設を展開し、
業界においても最大規模を誇るイオンペット。
そこで働く、キャリアや業務異なる5名の動物看護師に、
入社の動機、会社の魅力などについて語ってもらいました。

メンバー紹介

R.K.
イオン動物病院 ナゴヤドーム前
2019年入社/新卒採用
専門学校卒業後、同病院配属の2年目の動物看護師
A.K.
ルカ動物医療センター
2018年入社/新卒採用
2014年に入職。イオンペットにはグループ病院となった2018年に入社。7年目の動物看護師。
Y.M.
イオン動物病院 大日
2015年入社/キャリア(中途)採用
企業病院の受付事務スタッフからの転職。2018年からチーフとして活躍
K.T.
中部支社
2013年入社/新卒採用
大学卒業後、動物看護師を経て、2019年から中部支社のSV(スーパーバイザー)に
M.T.
アテナ動物病院 亀戸
2017年入社
専門学校卒業後、同病院に配属。3年目となる動物看護師

「充実した福利厚生」「中途入社もイチから学べる研修制度」など魅力がいっぱい

みなさんそれぞれキャリアは異なりますが入社を決めた理由は何ですか?

K.T.:イオンペットを選んだのは、充実した「福利厚生」に惹かれたからです。有給休暇以外に、10日間の休みが取れる「長期休暇」や1分単位で支給される「残業手当」などが整っていて、働きやすいと思いました。
R.K.:私も同じで、イオンペットの福利厚生は魅力でした。入社したら長く働き続けたいと思っていたので。将来、結婚して子どもが産まれても仕事を続けられる環境があるのは、すごくいいなと思いました。
K.T.:育児と仕事を両立しながら活躍している動物看護師も多いですね。
R.K.:周りにも、そういった上司や先輩がいるので心強いです。
M.T.:私の場合は学生時代にイオンペットの実習に参加して、動物看護師さんたちのプロとしての振る舞いに惹かれて入社しました。飼い主さまへのお辞儀一つとっても非常に丁寧で、私だったらここの病院に通いたいなって思ったほどです。
Y.M.:私はキャリア(中途)採用で入社しました。前職も同じ企業病院でしたが、受付事務に従事していたので、動物看護の知識がまったくといっていいほどありませんでした。イオンペットは、私のような中途入社でもイチから学べる研修制度が整っている点が魅力でした。
A.K.:私は、みなさんとは違って2014年にルカ動物医療センターに入職して、その後2018年にイオンペットの医療センターになったタイミングで入社しました。ルカは内視鏡手術といった高度医療をメインで行っているので、最先端の医療に関わりながら高い看護力を身に付けられるのがいいと思い入職しました。その魅力はイオンペットになっても変わりません。

動物看護師といっても、配属先や役割によって業務は多彩

みなさん動物看護師ですが、仕事内容は違ったりするのでしょうか?

M.T.:クリニックタイプの動物病院に勤務している私たちの普段の業務は、受付や医療補助、お会計、入院管理、薬の調合のお手伝いなど。みなさん同じだと思います。
Y.M./R.K.:そうですね。
M.T.:基本的にはクリニックは少人数で運営しているので、スタッフ同士で密にコミュニケーションをとりながら業務分担を行っています。
R.K.::今私は2年目で、普段と異なる環境に慣れないわんちゃんを保定するなど苦手な業務はありますが、ひと通りの業務はできるようになってきました。
Y.M.:私は動物看護師のチーフを任されるようになって、通常の業務以外にも動物看護師の労務管理やシフト調整などにも携わっています。その他に院長先生やSV(スーパーバイザー)と一緒に、売上促進のための施策の立案・実行なども行っています。SVの業務はどんなことをされていますか?
K.T.:SVは、クリニックの新患・増患対策がミッション(任務)のひとつです。その他にクリニックや動物医療センターが法令や社内規定を守るための「コンプライアンス管理」や、クリニックなどの獣医師や動物看護師の「採用活動」のサポートも行っています。
R.K.:「採用活動」というのは、どんなことを行うのでしょうか?
K.T.:新卒採用の場合、クリニックや動物医療センターのスタッフの人たちが専門学校や大学に出向いて学生さん向けに説明会などを行うのは時間的に難しいので、私のようなSVが代わって行ったりしています。
Y.M.:動物医療センターには高度医療があるので、クリニックの動物看護師とは業務が異なりますよね。
A.K.:そうですね。基本的な業務は変わらないと思いますが、内視鏡手術などの大きな手術が毎日行われるので、手術のための最先端機器の準備や、重度の動物が入院していればその術後管理なども行います。私は今年で7年目になり動物看護師をまとめる立場なので、動物医療センターの運営や若手看護師の教育なども担っています。またルカ動物医療センターはペットホテルも運営しているので、宿泊している動物のトイレの掃除から食事まで、お世話全般を担当することもありますね。

SVやチーフなど・・・イオンペットなら、いろんな働き方やキャリアが描けそうですね。

K.T.:それは、イオンペットの魅力の1つだと思います。私も動物看護師からSVになり仕事内容が大きく変わりました。動物看護師として働いていた時は、飼い主さまとお話をしたり動物たちの看護をすることにやりがいを感じていました。でもSVになってみると獣医師や動物看護師のみなさんが働きやすいようにサポートするのも、次第に面白くなってきました。
R.K.:動物看護師の時と比べると、関わる人も違うのでしょうか?
K.T.:動物看護師の時は動物や飼い主さまとのやりとりが中心でしたがSVになると社内外の人たちとのやりとりがメインになります。どちらもコミュニケーション力が多く求められると思います。将来チーフになって動物看護師としてのキャリアを磨くか、私のようにクリニックの運営サポートに関わるか、目指す方向は決まっていますか?
R.K.:まだ、はっきりとは決めていませんが、どちらかと言えばチーフに興味があります。一緒に働いている先輩チーフを見ていると、診療がスムーズに進むように周りを見て段取りよく仕事をされていて、ああいうふうに常に先回りして動けるような看護師になりたいなと思いますね。
K.T.:チーフになるためのアドバイスって、ありますか?
Y.M.:そうですね。チーフになると病院長や本部スタッフなど、やりとりする人が増えてくるのでやはり「コミュニケーション力」がより重要になってくると思います。相手の話を聞いて相手が何を望んでいるかというのをくみ取る力ですね。それを普段から意識しているとチーフになった時に非常に役立つと思いますね。
R.K.:ありがとうございます。参考にさせてもらいます。

全国に病院を展開しているネットワークが魅力に

入社して改めて感じる、イオンペットの良さは何かありますか?

M.T.:新人の頃に、はたして自分はどのくらい仕事ができているのか分からなくて、不安になったことがあります。その時に先輩に「このクリニックでヘルプ要請が出ているから行ってみる?」と声をかけてもらい、他のクリニックで半年間、経験させてもらいました。
イオンペットは全国にクリニックを展開しているため、こんなふうに他のクリニックを経験できます。その結果、自分の実力が分かるだけでなく、他のクリニックで実践されていることを経験し効率的な仕事のやり方なども学べる、いい環境だと思います。
A.K.:私たちの勤務している医療センターだと今年の新型コロナウィルスの影響で体調不良の看護師が出た時に、イオン動物病院大日から看護師の応援派遣に来てもらいました。私のチームではなかったのですが他のチームのチーフが「救世主が現れた!」と喜んでいました(笑)。このようにクリニックや医療センターが連携して助け合えるのも、イオンペットのネットワークがあるからだと思います。あの時はありがとうございました。
Y.M.:いえいえ。私は別の病院に行っていてルカ動物医療センターには伺えなかったのですが、他のスタッフが頑張っていたと聞いています。

現場を見学して、先輩や職場の雰囲気に触れ、自分の目標を見つけよう!

最後に、イオンペットへの入社を考えている人たちにメッセージをいただけますか?

A.K.:職場の雰囲気をつかむためにも、できれば実習には最低2~3日は参加してほしいと思います。その時、獣医師と動物看護師がどのようなコミュニケーションをとっているのかチェックしてほしいですね。働く上では獣医師と良好な関係が築けているかが重要になってくると思います。実習中は積極的に動いて、ぜひ自分自身をアピールしてください!
K.T.:おっしゃるように動物看護師がどういう働き方をしてクリニックをどのように運営しているのかは、実際に現場に触れてみないと分からないので、実習には参加したほうがいいと思います。職場の雰囲気に納得した上で入社したほうが、長く働き続けられると思います。
Y.M.:私は中途入社組なのでその人たちにアドバイスすると、企業病院になると会社員としての働き方も求められます。少なくとも最低限のビジネスマナーは身に付けておいたほうがいいと思います。エクセルやワードなどのビジネスソフトで文書を作成する機会も多いです。イオンペットでもそういったスキルはすぐに必要になってくるので、独学でもいいのでぜひ準備しておきましょう。
M.T.:自分がどういう動物看護師になりたいかという目標をしっかり持って就職活動をすると、就職先もスムーズに選べると思います。私も最初はそういう目標を全く持てていなかったのですが、とにかくたくさんの現場実習に参加して、いろんな動物看護師さんに触れることで、なりたい目標像が明確になってきました。まさにイオンペットで目標とする先輩に出会い入社を決めました。
R.K.:イオンペットは他の病院と違って多岐にわたるポジションや仕事があり、色々な研修が充実しているので、さまざまなことにチャレンジしたい人にとってはとても刺激のある環境だと思います。ペットや飼い主さまのためになる医療や看護を一緒に提供していきませんか。
PAGE
TOP